広がりとバリアフリーを実現する!平屋の注文住宅を建てるメリットとは?

公開日:2023/06/15

これから注文住宅を建てたいと考えている人は、平屋も選択肢に入れてみましょう。近年では、若い人も将来を見越して平屋を選択するようになっています。シニアになったときにバリアフリーを実現できているため、生活を送りやすいのが特徴です。メリットだけではなく、デメリットやポイントも解説します。

平屋の注文住宅を建てるメリット

まず、平屋にすることで得られる5つのメリットを紹介します。

生活動線がシンプルでコンパクト

生活動線がシンプルになっていると、日々の生活に無駄な動きがなくなります。毎日のように繰り返される通勤や通学などで、余計なストレスを溜めたくない人におすすめです。

コンパクトな暮らしを実現できるため、子どもからシニアまで快適に暮らせるようになります。

家族の気配を感じながら生活できる

子どもがいる家庭では、コミュニケーションが取りやすいメリットがあります。また、階段がないので転倒する心配をしなくて済みます。

そして、子どもが成長して自分の部屋で過ごす時間が長くなっても、平屋の中心にリビングを設けることで、家族のすれ違いを解消できます。

地震や台風に強い

高さがさほど高くないため、台風により屋根が吹き飛ばされることが少なくなります。建物の倒壊を防ぎたいと考えている人におすすめです。台風が頻繁に発生する地域でも平屋がおすすめです。

屋根の形状に合わせて空間を最大限に活用できる

2階建ての場合は、天井の高さに制約を受けます。しかし、平屋の場合はそのようなことがありません。スキップフロアや屋根裏部屋を設けることも可能です。暮らしのなかに遊び心を取り入れましょう。

メンテナンス費用や光熱費を節約できる

住宅は建てた後に、定期的にメンテナンスしなければいけません。外壁塗装では1階部分のみメンテナンスするため、費用を節約できるでしょう。工事の期間も短縮できます。

また、ワンフロアで完結するため、エアコンの稼働時間を短縮できます。

平屋の注文住宅を建てるデメリット

5つのデメリットを紹介します。広い土地を探すところから苦労するかもしれません。プライバシーを保護する方法も考えておきましょう。

広い敷地が必要で固定資産税が高くなる

住宅の広さと土地の広さは同じではありません。住宅よりも土地のほうが広くなるため、そのぶん固定資産税が高くなります。また、土地探しにも苦労するでしょう。特に、都心部や山岳地域では難しいかもしれません。

建築費用が高額になる

基礎工事の費用が高額になるため、建築費用が高くなります。ただし、建物が頑丈になるため、地震や台風が発生したときに受けるダメージは小さくなります。

床上浸水で住宅全体が浸水するリスクがある

一般的な注文住宅のように垂直避難ができないため、床上浸水で住宅全体が浸水するリスクがあります。そのため、河川の氾濫が発生しやすい地域に建てるのは望ましくありません。

空き巣が侵入しやすい

窓の鍵を閉めずに外出したときや、窓を開けたまま眠ってしまうと、空き巣が住宅に侵入するリスクが高まります。プライバシーを保護するのが難しくなるため、洗濯物を干す場所にも配慮する必要があります。

日当たりや風通しが悪くなる場所がある

住宅の周辺環境に影響を受けることを知っておきましょう。

たとえば、2階建て以上の建物が周辺に建てられていると、日当たりや風通しが悪くなる場所があります。対策として中庭を設けましょう。太陽光が中庭に届くようにすると、日中も人工照明に頼りすぎることなく生活を送れます。

平屋の注文住宅を建てる際に注意するべきポイント

2つのポイントを紹介します。自分のなかでコンセプトを作っておくと、打ち合わせがスムーズに進行します。

費用の相場を知っておく

一般的な注文住宅を建てるよりも、費用が高額になるといわれています。どの程度高額になるのか相場を知っておきましょう。自分のこだわりを詰め込めるのが注文住宅の魅力ですが、金銭的に余裕がないと実現しにくいです。

建築費用を抑えるために、設計や間取りをシンプルにする、大手のハウスメーカーだけではなく、地元のハウスメーカーにも見積もりを依頼するというように、いろいろと工夫しましょう。

自分好みの住宅デザインを決める

木の温もりとネイビーカラーをアクセントにした住宅を建てたい、防音室を設けて好きな音楽演奏を楽しめる住宅を建てたいというように、自分好みの住宅デザインを決めましょう。

ハウスメーカーに相談すると、建築事例を紹介してもらえます。自分の要望に応えられることが分かれば依頼しましょう。

まとめ

予算の上限をハウスメーカーに伝えておくと、打ち合わせがスムーズに進行します。できる限り費用を抑えたい人は、生活に必要な設備のみ採用しましょう。

オプションは生活に慣れてから取り付けることも可能なので、資金に余裕ができたときにハウスメーカーに依頼してください。地震や台風に強くて、家族とのコミュニケ―ションも取りやすい平屋はおすすめです。

【神奈川県】おすすめの住宅メーカーランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名ハビタット(ハビの家)カキザワ工務店Build Art(ビルドアート)Deccs(デックス)鬼塚工務店
特徴業界のプロたちが認める品質の高さと技術。後悔させない提案力も魅力性能+デザイン=本物の家。自然素材を活用し、住みやすさを追求する工務店一生の夢が叶う「ドリームハウス」を、リーズナブルな価格で提供するハイクオリティな性能とコストパフォーマンスを両立させる家。保証も充実「予算オーバーは起こさせない」理想の家を最適な価格と最高品質で提供
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
注文住宅関連コラム